1988年を青森県脇野沢村(現、むつ市脇野沢)を調査中心に下北半島南西域の野生のサルを調査・観察し世界で最も北に生息する「北限のサル」の暮らしを探り、またサルと人とのかかわりも見てきました。