本日ラスト!!みんな頑張りました。お疲れ様でした!!!

・例年の夏と異なり、低温で初日から雨に見舞われ(つなぎは少なかったけど・・)、歩きづらい状況にもかかわらず毎日サルを目視、カウントすることができました

・過去のサル調査とくらべると、「サル情報ありません」という報告がなくなり、「どこの群れのサル?」ということに毎日悩む日々でした…

・以前は、畑にでてこなかったO群のサルが畑に執着するなど、サルの遊動域も少しずつ変化がみられています。おそらく捕獲の影響もあるでしょうし、群れの分裂問題など、今回の調査結果から、冬の調査の課題がみえてきました!

 

★今回の調査結果のまとめは別途ご報告予定です★

2018年8月10日 本日のサル情報&踏査情報

(写真は流汗台から)

【みんなの踏査ルート】

国道338、細間の牧場、青石林道、穴間林道、武士泊林道、面木林道、源籐城林道、蛎崎越沢林道、男川、湯野川などなど

【サル目視情報】

<O1群>

O1-A 源籐城の畑を狙いながら移動してくるが、サル監視員の対応により畑には入ってこなかった

O1-B 牧場入り口から牧場側へ移動 27頭(うち Baby  3頭)

<O2群>

O2‐B群 海峡ラインの碑よりさらに北側から、国道338を南下し男川の西大家戸方面へ消える

O2‐A群 面木の牧場から伐開地方面へ 26頭(うちBaby 1頭)

<A87群>

A87‐A群 芋田周辺




2 thoughts on “【2018下北サル調査】サル情報0810

  1. 調査おつかれさまでした!!
    ブログのおかげで、ちょっぴり参加している気持ちになりました〜
    こっそりチェックしていました笑

    皆さんからのハガキ、今日届きました。冬は参加できるよう、とっとと仕事覚えます(・・)

    1. こちらこそ、後方支援ありがとうございました❗
      冬お会いできることを楽しみにしてます(^-^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です