2018年の冬季ニホンザル調査は、むつ市からの委託調査として「脇野沢・湯の川地区」と「大畑・薬研地区」の二地区を調査地域として実施します。

1.調査目的

・群れの実態調査 (群れ・個体数・構成の継続調査)
・ハナレザル・オスグループ・少数グループの把握

  1. 調査拠点 (宿泊地)
    A) 「大畑・薬研地区」 ・・・・・ むつ市下北自然の家
    むつ市大畑町佐助川399番地  0175-34-6151
    B) 「脇野沢・湯の川地区」 ・・・・脇野沢「鱈の里」バンガロー
    むつ市脇野沢七引201-5
    鯛島の館  0175-31-5011
  2. 調査期間
    A) 「大畑・薬研地区」     2018年12月20日(木)~26日(水)
    〈20日集合、26日解散〉
    B) 「脇野沢・湯の川地区」   2018年12月24日(月)~30日(日)
    〈24日集合、30日解散〉
    米 時間に余裕のある方はAに参加し、その後Bにも参加していただければ幸いです。Aの参加が少ないことが予想され、Aへの参加を希望します。

  3. 参加費用

調査期間中の生活費の負担はありません。(交通費・入浴料は自己負担)

  1. その他
    ・傷害保険をかけます。名前・性別・住所・生年月日を必ずお知らせください。
    ・ 調査に使用させていただく車には、使用料をお支払いします。
    ・ カンジキを持っている方は持参してください。
    ・ 双眼鏡(貸出可能)・観察用具(筆記用具・フィールドノートなど)・はし・弁当箱・方位磁石・ヘッドランプ又は懐中電灯・雨具(折り畳み傘など)・防寒の服装(手袋・帽子は必携・スキーウェアーなどの防寒服上下)・歩きやすい靴(軽登山靴、長靴など防水性に富んだもの)・保険証の写し、その他サル調査や長期滞在に必要と思われるものは各自で判断し持参してください。

《 参加申し込み・問い合わせ 》
参加希望者は、12月12日(水)までに連絡をください。
連絡先:松岡史朗 ℡・ファックス 0175-44-2620    090-8924-7207
メール matsuoka@jomon.ne.jp
なお、申し込み時に調査希望地区・調査日程(到着・出発日時)・住所・生年月日・性別をお知らせ下さい。
ファックス・メール等、記録に残る形での参加申し込みが有り難いです。

〔 交通アクセス 〕

A) 「大畑・薬研地区」

【 仙台・東京方面から 】

JR大湊線 下北駅 下車
駅前ロータリーの下北交通のバス停で「佐井車庫」行きのバスに乗車約60分 「下北自然の家」で降車 山側に5分
※バスの本数が限られています。一日に数本しかありません。要確認。

【 北海道方面から 】

大間港フェリー乗場前の下北交通のバス停留所で「下北またはむつ」行きのバスに乗車約45分 「下北自然の家」で降車 山側に5分
※バスの本数が限られています。一日に数本しかありません。要確認。

B) 「脇野沢・湯の川地区」

【 仙台・東京方面から 】
≪ 陸路の場合 ≫
JR大湊線 大湊駅 下車
駅前JRバス バス停で脇野沢域のバスに乗車 終着駅脇野沢下車
※バスの本数が一日3~4本しかありません。事前に時刻表で確認してください。

≪ 高速艇「ポーラスター」利用の場合 ≫
青森市の高速旅客船「ボーラスター」発着所   017-722-4545
午前の便  9:40 10;40 脇野沢港着
午後の便  15:15 16:15  脇野沢港着
※冬季は風の影響で欠航する場合が良くあります。出航の確認が必要です。午前の便は7時、午後の便は12時には出航の可否が決定していますので、特に午後の便を利用する方は早い段階で確認してください。もたもたしていると、当日に脇野沢までたどりつけなくなります。
※欠航の場合は、陸路になります。青森駅から電車で大湊駅経由となります。jRバスに関して上記陸路の場合と同じです

【 北海道方面から 】
青森市経由の場合は上記仙台・東京方面からのアクセスと同じです。
大間経由の場合は 大間港フェリー乗場前の下北交通のバス停留所で「下北またはむつ」行きのバスに乗車約90分 むつターミナル駅で下車 徒歩3分のJRバスのバス停で「脇野沢」行きのバスに乗車 約100分 終着駅「脇野沢」まで。
※下北交通並びにJRバス共、バスの本数が限られています。かなり少ないですので事前に時刻表を確認してください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です